[BVS]なかまのわ ー大きな公園で謎解きスカウトー


2週続けての隊集会です(たまにこんな日もあります・・・)。
今日は同地区の公園に集合。体験1名を迎え、いつもの通り、大きな輪で始まります。

隊長「今日は最初にみんなにお菓子を配ります。一列に並びましょう!」

あれ、ビッグビーバーが先頭を競うのではなく、年下のスカウトに先頭を譲るのでは?!と
伝えても、なぜか前に行きたいビッグビーバーがちらほら(女子は冷静に後ろに回っていま
したね)。

結局、隊長が列の後ろからお菓子を配ることに変更し、紙袋を開けると、お菓子ではなく、
謎の紙が1枚・・・。

「怪盗ビーバーからの挑戦状」でした。「みんな大好き謎解き」です。
怪盗ビーバー、お菓子を隠してしまったらしいので、ヒントを探してお菓子を隠した場所を
探します。はい、今日は、みんなで協力して、一つの目標をクリアすることがミッションで
す。

まずは、ミッション1つ目。なくした文字を探します。
記憶力を試される試練です。記憶力だけではなく、集中力・観察力も同時に研ぎ澄ませて、チャレンジです。

無事、クリアしたら、ミッション2つ目。
バラバラになった3つの絵のかけらを、みんなで協力して、戻していきます。
子どもたちはゲーム感覚で取り組んでいるこのミッションですが、自然に声を掛け合い、スピードアップのための手段を選んでいます。チームワークを発揮、隊長のねらい通り!

そして、最後のミッションは、「運試し」。全身をつかってじゃんけんぽん!

運試しも無事にクリアしたようで、お菓子の隠し場所のヒントを手に入れました。

お菓子の隠し場所となれば、日頃はスルーしている地図も、念入りにみんなで解読します。

一つの場所でじっくり行うミッションも、そして、体を動かす移動も、1回の集会で同時に実施し、目いっぱいの活躍っぷりです。みんなで、お菓子の場所へいざ大移動。

重要文化財「三解脱門」です。ここのお寺にもボーイスカウトの団があるんだよー、という話があったりなかったり。

お菓子を大事に持ち帰り、ようやくみんなでホッと一息。ちょっと頑張りすぎて疲れたかな。

いやいや、エネルギーを注入したら、大好きなしっぽ取りゲームです。どこまでも元気なスカウトたちでした。

今日の集会は、ここまで。
決して一人ではなしえなかった、お菓子の隠し場所の発見。
協力することの大切さを、体験を持って身に付けていってくれることを願いつつ、恒例になっている小枝章伝達式も実施し、大きな輪で最後の歌を大きな声で歌い、終了です。

ビーバースカウトでは1日の隊集会やゲーム毎にグループを作り活動します。その中で自然とリーダーシップを発揮するスカウトがいたり、控えめなスカウトがいたり、仲間たちと協力するといった体験をします。大きくなってカブスカウト(小3〜5)やボーイスカウト(小6〜中3)になると、1年間を通じて同じグループで活動し、ひとりひとりが明確な役割を持つことになります。

みんなで力を合わせると大きな力や知恵になること、みんなから必要とされる嬉しさ、スカウト同士の関わりで得ることは大きいですね。当団は各学年の人数が充実(しまくり)で環境としてはよいかも、と思っています。ちょっと気が早いですが、来年の小学1年生(現年長世代)も多くのメンバーを迎えられますように。

体験は秋以降にスタート予定、体験申込みは先着順で今からお待ちしています。


【体験・見学のご希望などお気軽にお問い合わせください】

問い合わせは以下のフォームからお願いします。
活動の詳細や体験日程のご案内を連絡させていただきます。

    あてはまるものにチェックしてください
    見学をしてみたい今すぐ活動に参加してみたいもっと詳しく知りたい質問がある

    お子様の学齢を教えてください(Ctrlキーを押しながらマウスで選択すると複数選択できます)


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA