[BS]梅雨だけど、キャンプ


梅雨入りし、梅雨らしい雨模様の週末1泊キャンプです。

ボーイスカウト隊では安全に配慮しつつ、雨天でも活動実施が可能です。「スカウトは快活である」 雨でも笑顔で楽しく活発に!

普段よく使うドームテントのほかに、当団倉庫には家型テントが眠っていました。ものすごく久しぶりに広げたところ、今は無き白金台スカウトハウスのちょっとカビ臭い香りが・・・。懐かしい、とかそうことはさておき立ててみます。

「あおり止め」には「ストームライン」とか「耐風索」とか色々な呼び名があることであったり、その他パーツの名前を知ったり、実際に立てながら構造を学んでいきます。

夜は上級班長からのルール説明をよく聞いて、目分量で水を量り、火起こしをしてその水を沸騰させるゲームです。

水の目分量、使う道具はランダムでやかんや大きなボールなど、最初に確認した水1リットルの感覚を思い出してチャレンジ中。

火起こしは経験がモノを言うようで、上級スカウトに軍配があがっていました。
うまく出来なかったスカウトは翌朝の朝食作り中にさりげなくリベンジ。無事に火起こしができたようです。

止まない雨はない、ということで2日目はバッチリ晴れて気持ちのよい朝礼です。雨はいい訓練だ、などと言いつつもできれば晴れて欲しい撤営日。

モーニングゲームは「計測」です。100mの歩測はなかなか難しいかと思いきや・・・。誤差0mのスカウトがいてビックリ!2回戦目だったことは伏せておきましょう。

薪割りに使った刃物のメンテナンスを練習しています。ほかにも使用頻度は少ないハンドアックスや鎌などの取り扱いも練習してみました。

撤営がてら設営→撤営ゲームをしています。チームワークよく安全に、早く綺麗にテントを立てて、そして片付けています。段取りをきちんと覚えて協力すればあっという間にできちゃいます。

キャンプ場に残すのは感謝のみ、というかキャンプの痕跡も残さないようLeave No Traceの精神で元通りにして家路につきます。

都会からすぐそばでキャンプができることに感謝。夏キャンプまでカウントダウン、今年度のクライマックスはもう間もなくです。


【体験・見学のご希望などお気軽にお問い合わせください】

問い合わせは以下のフォームからお願いします。
活動の詳細や体験日程のご案内を連絡させていただきます。


[BVS]飛ばせ空高く ―パラシュート―


6月1回目の隊集会、ギリギリセーフで曇りの空模様です。この時期は雨が心配ですが、雨なら雨で代替えプログラムがありますので大丈夫(ビーバーの場合は雨だと室内プログラムに変更が多いですね)。

さて、今回は地元の公園での活動回です。雨上がりで公園のベンチやテーブルが濡れていましたので工作は室内で行ないました。

空飛ぶ工作ということで、身近にあるポリ袋やトイレットペーパーの芯でパラシュートやロケットを作ります。難しい作業はビーバーには不向きなので、絵を描いたり、重りをつけたり、シンプルな工程を中心に集中力を発揮します。

上手に描けたこちらのカエルはジュニアリーダー作。
季節感を出して「てるてる坊主」や「カエル」、「雨傘」などがデザインに登場していました。表現力を伸ばそう、ということで。

こちらはロケットの発射台、とっても簡単な工作です。
スコープにみたいに覗きたくなる気持ち、分かる分かる。

完成品を持っていざ公園へ!
歩いているだけでも楽しそう、というか何とかして遊ぼうとしてくるスカウトたち。周囲の方に迷惑をかけない程度に歩いている最中も楽しく過ごします。

パラシュートは思いっきり、空に向かって飛ばします。
躍動感がバツグンに出ているワンショットです。

そしてこんな感じでフワっと落ちてきます。
写真だとちょっと見えていませんが、地面にある的を狙って投げてみたり、誰が一番遠くまで飛ぶかな、と競争してみたりしています。風に押し戻されてブーメランのごとく手元に戻ってきてがっかり・・・。

ロケットはちょっとコツがいるみたいで残念ながらうまく発射ならず、というオチになってしまいました。うーん、次回に向けて要研究。

最後は元気よく「えんやらや」を歌っておしまいです。しっかり覚えられたかな?歌詞を見ながらしっかりと。

次の集会は大都心地区のビーバースカウトが一堂に会する「大集会」です。
少しずつ仲間が増えて楽しい活動が更に広がっていきそうです


【体験・見学のご希望などお気軽にお問い合わせください】

問い合わせは以下のフォームからお願いします。
活動の詳細や体験日程のご案内を連絡させていただきます。