[BS]ゴールデンウィークキャンプ


10連休はキャンプに行こう!
ということで、入間の啓明荘で隊キャンプを実施しました。
これまでに何度も利用させていただいているキャンプ場です。

カブ隊から上進したばかりのスカウトや、中学生からボーイ隊に入隊したスカウトにとっては初めてのキャンプです。
班長や隊長もこの春からの新任ですから、そういう意味ではこちらも初めてということになりますね。

駅からの道のりは相変わらずの上り坂、疲れた表情を見せつつ頑張って歩きます。
深い緑、空気が美味しい!気がします。

途中の五常の滝が有料になっていました…。
前に行った頃にはなかった受付や社ができていました。

まずは設営、たちかまどを作ってみます。
「いい動画」で知った作り方でチャレンジ、うん、作りやすい!

上手に出来て満足満足。
竹で自在も作りましたよ!

夜は追跡信号を追って指定の場所へ向かいます。
サンプルの追跡信号を見て覚えます。
自分たちの秘密のサイン、ちょっとワクワクしますよね。

目的地ではお米の計量!?1合のお米ってどのくらいだろう??
スカウトは感覚で長さや重さなど、ある程度のことがわかるのです。

2日目は春キャンプでうまくいかなかった三脚信号塔をミニサイズでリベンジ。
班長訓練や班集会で模型を作って練習した成果、上手に出来ました。

サタデーナイトフィーバーなポーズで記念写真。
元ネタ知らないのでうまく出来ていませんね。

夕方はキャンプにつきものの「雨」が降るかと思ったら強烈な「雹」が降ってきました。加えて落雷攻撃で、スカウトたちはビビり気味です。

悪天候のお陰なのか、班の仲間が力を合わせてタープが倒れないように協力したり、夕飯作りを分担したり、結束が強まりました。これも自然の恵みでしょうか。

上級班長が進めてくれたスカウツオウンサービスは、自然がもたらす試練はやがて自分たちを成長させてくれる、感謝の心を持って生活しようというような話でした。実体験からの話なので分かりやすく伝わったことでしょう。

キャンプ中、わざわざ団委員長が来場して、進級面接を緑の中で行ないました。
たまにはこういうシチュエーションもいいですね。
カムバック入隊のスカウト、早速初級スカウトになりました。
目指せ菊スカウト!

楽しい営火、みんなで火を囲んでのひとときです。
キャンプを経験する度、少しずつたくましく、仲間との絆も深まります。

夏キャンプに向かってまだたくさんの準備が必要です。
ますますがんばるぞ!と、決意新たに帰路につきました。


【体験・見学のご希望などお気軽にお問い合わせください】

問い合わせは以下のフォームからお願いします。
活動の詳細や体験日程のご案内を連絡させていただきます。


[BS]混成隊・訓練キャンプ!



上進式を終えてボーイ隊は14名、2班体制になりました。この5年間では最大の人数で、活気に満ちています。

今年の夏は4年に1度開催される国内でのボーイスカウト最大のイベント「第17回日本スカウトジャンボリー」(石川県・7日間)に港第1団・港第14団と混成隊を編成して参加します。

グリンバー諸君は事前会議で顔合わせをしていましたが、全員が揃うのは今回の訓練キャンプが初めてです。多少の緊張をしつつ、3日間快晴の野営生活で班・隊のチームビルディング、必要技能の確認・修得を目指しました。

特に設営・撤営の段取り、薪での炊事、野営工作、時間を守って行動するといったことを重要視しました。

初日は設営、テントを張ったり、竹を切り出したり。ナイトゲームは「観察」、光るターゲットを探します。

経験豊富な班長、テキパキと指示を出して時間に余裕を持って行動できるようになっています。

竹の切り出しでは新米スカウトもがんばっています。
優しい上級生が色んなことを教えてくれます。

光るターゲットはペットボトルのキャップ、蓄光塗料でひと手間。

2日目はジャンボリー本番をイメージして野営工作や刃物の使い方などを学習、後半は楽しいワイドゲーム、班の競争ですからみんな真剣です。

工作物が野営生活を便利に、充実されてくれます。
なにより自分たちで生活空間を作っていくことが楽しいようです。

たらいを使って節水での食器洗い。新米スカウトは目からウロコ!?

ワイドゲーム!躍動感!

班旗立て競争、ジャンボリー本番では日本一になれるか!

営火はいつもと違って静かな内容。ジャンボリーへの抱負、全員が決意表明をしました。みんな立派でした。

ジャンボリーに参加しない先輩スカウトも後輩たちのために指導に駆けつけてくれて賑やかで楽しいキャンプになりました。