[BVS]こうさくはかせ


楽しかった高尾山の余韻残りつつ、今日は地元の公園などで活動です。
早く集合場所に来たスカウトたちは近くのメダカを観察してビーバーコール待ちです。

「こうさくはかせ」ということで「博士」でイメージすることを聞いたところ「博士はおじさん!」とのこと。うーん、たしかにそうかも。

さて本題。「「浮沈子」という水圧や浮力に関係する実験道具を作ります。水がいっぱいに入ったペットボトルを握ると中に入っている魚(お弁当に入っているような醤油差しですが・・・)が沈んだり浮かんだり、不思議な動きをします。

浮き沈みする魚、たまたまとはいえ、さっきスカウトたちがメダカに夢中になっていたのでなんだか話がつながります。小さなラッキーを感じた隊長なのでした。自分だけのアクアリウム、上手にできたかな?

今日はボーイ隊の若い副長がサポートに来てくれました。スカウトが好きそうな歌を一緒に歌ってくれます。歌っているとなんだか楽しい気分に!よーく目を凝らすとなんの歌だか分かりま・・・すかね。

せっかくの秋晴れ、後半は公園でゲームをして楽しみました。おしりに関する歌をうたったので、おしりを使ってロープでバランスをとるゲーム。ロープの位置がちょっと違う・・・。

これは色分けされたレインボーなボトルを取り行くゲーム。りんごは何色?オリンピックの五輪に使われている色は?答えのイラストを見せてくれるので大丈夫、イマジネーションと瞬発力!

最後にもうひとつロープを使ったゲーム。カブやボーイになったら遊びに使っていたこのロープと深いお付き合いになるので今のうちからお友だちに。そう、ロープは友だち!

春から少しずつユニフォームを着てくれるメンバーが増えてきました。ビーバーコールの大輪がもっと大きくなるいいですね。

たくさんの仲間とともに一緒に成長し、生涯付き合っていける間柄になれることも多いのではないかと思うスカウティング。学校などとはまた違ったコミュニティとして、子どもたちの居場所になりたいところです。


【体験・見学のご希望などお気軽にお問い合わせください】

問い合わせは以下のフォームからお願いします。
活動の詳細や体験日程のご案内を連絡させていただきます。


[BS]ノット・ノット・ノット



秋からは班の体制が新しくなり、今は小学6年生しかいないバランスが良いとは言えない状況になっています。カブから上進する後輩を心待ちに・・・。
それでも新班長をスカウトたちが話し合いで決めて活動をします。
image001

今月のテーマはロープワーク、結びそれぞれに特徴があって用途を考えながら覚えていきます。ひと通り覚えた結びを使って早結び・目隠し・身体の後ろでの結びの三番勝負や、時間内でいくつ止め結びを作れるかなどゲームで競いながら身につけました。
image003-2

班長訓練のおかげで少しみんなより難しい結びが出来る班長に教えてもらいつつ、ノッティングボードを作りました。
image005

image007

後日ですが、スカウトたちは班集会でもっと難しい結び(バックスプライス等)を覚えてノッティングボードを充実させていました。自発的に準備をして楽しんでいる姿を見て、よしよしその調子!と思うリーダー陣でした。