[BS]才能に目覚める!? ―猿島ハイク―


班長会議で決まったハイキングの目的地、無人島に行ってみたいということで横須賀の猿島に。猿島・・・1時間くらいで1周歩けそう・・・。

せっかくの機会なので、今回は「野帳」から略地図作りをしましょう、と。

そのほか与えられた課題をクリアする度にビンゴカードに印をつけてビンゴを目指そうとなりました。若手ホープの指導者が念入りに計画を立ててくれました。

横須賀中央駅から船乗り場の三笠桟橋まで歩いて15分くらい、シーフレンドゼロに乗船です。「フレンド ゼロ~、友だちいない〜」とか聞こえたような、気のせいですね。この1年よく船に乗っています。

乗船はあっという間、10分足らずで猿島へ。東京湾に浮かぶ唯一の無人島、ここにはかつて砲台が置かれ、東京湾を守る役割を果たしていたそうです。貴重な自然や歴史遺産が残されたことにより、平成27年に「国史跡」にされています。

セレモニーをして説明を聞いたら、はりきって出発です。活動への参加率がすばらしいスカウトたち、班全体の参加率はこの1年平均して80%以上!

スカウトたちの目には「天空の城ラピュタ」風にこの景色が映っているそうです。ワクワク感がこちらにも伝わってきます。

ラピュタ感が出ています。

「愛のトンネル」という名前だそうです。

課題の野帳もがんばっています。観察力や集中力が必要ですね。

途中のロープワーク課題。
2級スカウト、馬つなぎが出来ました!いつのまに覚えたのだろう。

上級班長仕切りの計測やキムス・ゲームのコーナーもありました。

ボードデッキに戻ってきてからは略地図作りの説明を聞いて、ちょっと作業タイム。自分たちが歩いた記録から地図が出来ていくのが楽しかったようで、のめり込んで作っていました。

写真では全然見えませんが、実際の地図に近い完成となりました。

猿島、野帳の練習にはちょうどよいサイズ感でした。船に乗って向かう冒険心をくすぐるところも大満足でした。天気にも恵まれて、気持ちのよい1日となりました。

いよいよ来月は懇意にしている友団との春キャンプ、負けないぞ〜。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です