[BS]日米秋季パトローリー


ボーイスカウトは世界中の多くの国に仲間がいる世界的な運動です。

日本国内にはアメリカの隊(BoyScout of America:通称BSA)があり、彼からとの交流キャンプ、2泊3日に参加してきました。日米のスカウトがおおよそ100人ずつ参加し、混成班を作って様々なプログラムに挑戦します。

土曜日の朝一番からプログラムが始まるため、普段のキャンプと違って金曜日の夜に集合・キャンプインします。暗い中、チェックインの手続きです。
image001

まずはペアを組むBSAとの顔合わせ、協力して班旗を作ります。日本語で?英語で?異なる言語でなぜかコミュニケーションが成立しています。
image003

パトローリーのテーマは「ポリネシアの勇士達」、コーナーのひとつで、手斧を的に投げ当てます。日本ではあまり見ないワイルドな内容です。
image005
image007

夜は同じサイトの日米隊で交換夕食会です。1日一緒に活動して、スカウトたちはずいぶんと仲良くなっています。BSAお手製のパイは甘すぎたとか・・。
image009

夜は全体でのキャンプファイア、これは閉会式も兼ねていて昼間の各プログラムコーナー上位3個班がそれぞれ表彰されます。ときどき我が大都心地区の班が呼ばれていたのですが、なんと総合優勝も頂きました。出来過ぎの結果です。

優秀班の証にリストバンドが授与されました。
image011

混成班の記念写真。
image013

日本にいながらにアメリカを感じることが出来る貴重な機会。

言葉の壁を乗り越えて「スカウトは友情にあつい」を再確認したキャンプでした。英語がんばって勉強する・・・そうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です