[研修]当団のリーダーはより良い活動のため研さんしています!


ボーイ隊のO隊長が隊指導者上級訓練を修了し、東京連盟のコミッショナーから「ウッドバッジ」を伝達されました!

2015_05_22_08_57_42

首からかけたネックレス状のものが「ウッドバッジ(Woodbadge)」です!先端に木片が2つ、ついています。

2015_05_22_08_57_42b

1919年にボーイスカウトの創始者ベーデン=パウエル卿が、隊長訓練を修了した者に木製のビーズがついた首飾りを贈ったのがはじまりで、日本では隊指導者上級訓練を修了した印として授与されています。

ボーイスカウトのリーダーは、みんな無給のボランティアですが、誰でもなれるというわけではありません。必要な研修を修了する必要があります。
隊長になるためには隊指導者基礎訓練(ウッドバッジ研修所)を修了することが必須で、さらによりよい活動を展開するために隊指導者上級訓練(ウッドバッジ実修所)へチャレンジしています。

港第16団には、率先して研さんを重ね、隊指導者上級訓練を修了した指導者が多数在籍しています。

現在では団委員長、ビーバー隊長、前ビーバー隊長、カブ隊長、ボーイ隊長、ベンチャー隊長がウッドバッジを着用して活動しています。

研さんを積んだリーダーの印が、ウッドバッジです!

私たちは、より良い活動を展開するためにこれからも研さんを続けていきます。
それが、スカウトや保護者の皆様、地域から信頼されるために必要なことであると考えています。

wb4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です