[VS]東京連盟富士スカウト章受章者顕彰のつどい


3月12日、東京連盟において平成28年度に富士スカウト章を取得したスカウトを集め、
お祝いの会が開催され、港第16団からは2名のスカウトが参加しました。
午前中は富士を取得した際に実行したプロジェクトの発表会、
午後は関係者を招いた懇親会を行いました。
港第16団では、現・カブ隊長から数えて、7番目と8番目の受章者となります。
今後も後を続くスカウトが出てくれることを望んでいます。

[VS]ベンチャー隊進級面接会


11月上旬にベンチャー隊の進級団面接会が行われました。
今回の進級面接会では富士章を目指すスカウトです。
16団において富士章の団面接は今年平成28年度は二人目となります。

%ef%bc%91
面接が始まる前に書類の確認をしております。

2
団面接が始まりました
進歩を担当する団委員と団委員長を中心に面接が進行して行きます。

3
質問に対しきちんと回答して行くスカウト。
富士章取得のために行ったプロジェクトについては模造紙を使ってプレゼンテーションを行います。

%ef%bc%94
無事団面接が終わりました。
面接委員回礼の後記念撮影です。

%ef%bc%95
スカウトと隊長並んでの1枚
ベンチャースカウトさん、よく頑張りました!     弥栄!
ベンチャー隊長、富士までのご指導お疲れさまでした! 弥栄!
地区面接も頑張ってください!            弥栄!
【隼・富士で実施したプロジェクト】

隼  分野: 6.専門分野・得意分野の探求 プロジェクト名: 茶道の技術UP!!
富士 分野: 7.奉仕活動    プロジェクト名: そなえをつねに


[VS]海外派遣・第19回ワールドベンチャーキャンプ


7月下旬から8月上旬までの約1週間、ボーイスカウト東京連盟 第19回ワールドベンチャーキャンプ派遣があり、当団からスカウト1名と指導者1名が参加することになりました。
このワールドベンチャーキャンプ派遣は、東京連盟主催の海外派遣事業の一環として開催され、今回で第19回を迎えます。
東京連盟に所属する各団から選抜されたベンチャースカウト総勢19名、引率指導者4名が参加、その内大都心地区から3名のベンチャースカウトと、2名の指導者が参加します。
約1週間の派遣期間の中で、前半にはアメリカ連盟のボーイスカウトのサマーキャンプに参加し、アメリカ連盟のキャンプやプログラムを体験します。後半はアメリカの文化を学ぶ体験プログラムとして、ロサンゼルスやアナハイムなど各地を見学する予定です。

写真は羽田空港に隣接している出発式会場での1枚です。
派遣隊参加者であるベンチャースカウトと、ベンチャー隊長をお見送りするために来ていた、団委員長、ビーバー隊長、カブ隊長、カブ隊副長、ボーイ隊長のみんなで記念撮影。

派遣隊の皆様、気を付けて行ってらっしゃい!


[VS]隼スカウト団面接


6月の下旬にボーイスカウト港第16団ベンチャー隊の進級面接会を開催致しました。
今回の面接会では「隼スカウト」の団面接を行いました。

1
面接が始まりました・・・
面接官から順に設問をして行きます・・・

2
面接官からの質問に対して丁寧に回答をして行きます・・・

3
面接も終盤に差し掛かり進歩面での質問に移ります・・・
取り組んだプロジェクトについての発表です・・・

プロジェクト分野: 6.専門・得意分野の研究
プロジェクト名: 祈りのプレリュード
面接も無事に終わりました!
面接の最後に、スカウトの指導に尽力しているベンチャー隊長へ労いの言葉がありました。

次は地区の面接です!
地区面接も頑張ってください!


[VS]富士スカウト団面接


5月の下旬にボーイスカウト港第16団ベンチャー隊の進級面接会を開催致しました。今回の面接会では「富士スカウト」の団面接を行いました。

1
書類のチェックを行いつつ、面接するスカウトが入室するのを待ちます。

2
式が順調に進み・・・
面接委員からの設問が執り行われ、実施したプロジェクトの、
経過、結果についてスカウトよりプレゼンテーションをしてもらいました。

3
アワードの分野:文化活動
プロジェクトの中で取り組んだ作品です・・・
こちらの写真はスカウトが作成した伝統工芸品「木目込み人形(きめこみにんぎょう)」です。

4
教室に通い続けて完成させた木目込み人形の雛人形です。
江戸木目込み人形(えどきめこみにんぎょう)は京都の木目込み人形と比べると体格と目鼻立ちで見分ける事が出来ます。

5
団の面接が終わりました・・・
スカウトと面接委員そろっての記念写真!
面接委員からの激励の言葉の中で、日頃よりスカウト達のご指導に尽力しているベンチャー隊長へ労いの言葉がありました。

団面接の次は地区の面接です。次の面接も頑張ってくださいね!


ボーイスカウト大都心地区 平成28年度総会


5月8日(日)大都心地区平成28年度地区総会が行われました。
総会の中で地区表彰が執り行われました。

港第16団からの対象者は以下の通り表彰がありました。

永年奉仕指導者 10年 2名伝達

永年奉仕指導者  5年 3名伝達

平成27年度に隼スカウトとなったベンチャースカウト 3名

平成27年度に菊スカウトとなったボーイスカウト   1名

港第16団参加者で記念撮影
表彰をされた皆様おめでとうございます。

[VS]東京マラソン2016


私達港第16団ベンチャー隊は大都心地区の仲間とともに
東京マラソン2016への奉仕に参加致しました。

私達が所属している日本ボーイスカウト東京連盟は、
東京マラソン第一回大会より継続してボランティア活動をしております。
今回私達が担当するのは、大手町日比谷ブロックでのコース整理員です。

1
ランナーが通過した後沿道に落ちているゴミを拾い、街の美化に努めます。

2
今回当団の育成会長がマラソンに参加しております。
マラソンに参加しているランナーの皆様のためにも頑張って奉仕させていただきます。
コース整理をしている私達に応援の言葉を掛けながら元気に走って行きました。
ここは折り返してきたランナーが再び通過する場所なので後ほど再び目の前を通過して行きました。

3
今回担当した区の業務が終わり、奉仕記念に1枚。
よい天気に恵まれてよかったです。

沿道では育成会長を応援する当団の団委員の皆様もおこし頂いておりました。

次回、東京マラソン2017開催予定日は平成29年2月26日です。
また来年も頑張りましょう!

[BS・VS]靖國神社庭燎奉仕


大晦日から元日朝にかけて、靖國神社を訪れる参拝者の足元を照らすかがり火の警備をする奉仕が毎年の締めくくりと始まりになっています。

これは当団のルーツである東京第5団(後に千代田第1団、文京第6団、新宿第23団、港第16団に分封)が靖國神社から境内を活動場所として提供を受け始めた昭和30年代から続く伝統ある奉仕です。

image003
寒い中、スカウトたちは立派に役目を果たします。待機時間はターゲットバッジ取得に向けて課題に取り組んだり(写真は団の歴史について記念誌を見ながら勉強中)、仮眠をとったり、みかんが食べ放題状態だったり。

眠い目をこすりながら今年もよい年にするぞ、と決意を新たに2016年の幕開け。今年もどうぞよろしくお願いします。


[VS]4人目の隼スカウト


かがり火奉仕の前に隼スカウト章の伝達式がありました。
4人目の隼スカウトが誕生し、同じスカウトとしてうれしい限りです。
みんなが隼スカウト章、そして富士スカウト章を修得できるよう、
頑張っていきたいと思います。
ベンチャースカウト☆りなっくす&あゆみっくす

IMG_7829s


第23回世界スカウトジャンボリー 大都心地区解隊式


平成27年09月06日、落合第一地域センターにて、第23回世界スカウトジャンボリー・日本派遣団第3分団東京1隊の解隊式がおこなわれました。
今回の世界ジャンボリーには港第16団からはボーイスカウト1名、ベンチャースカウト5名、指導者3名、デイビジター(見学者)2名となりました。

1
大会期間中外国スカウトにとても人気があった日本派遣団のぼりです。

2
全体集合の号令がかかり、整列完了を派遣隊長へ報告後解隊式の始まりです。

3
国旗儀礼を行い、連盟歌斉唱、来賓挨拶と順調に式は進んで行きます。

4
しばしの休憩の後、保護者来賓の皆様に、大都心地区派遣隊のジャンボリー開催期間中の生活風景他の、記録映像上映会が行われました。

5
各班に居るベンチャースカウト達がリーダーシップのもと、参加者は充実したジャンボリー生活を送る事が出来ました。

6
上映会の後は、
①23WSJで自分たちが得たこと
②今後の活動や将来に向けての意気込み
①と②をテーマにグループディスカッションを行い、その結果の発表の準備を調えます。

7
ひと班につき5分程度でその班の紹介とディスカッション内容を発表します。

8
ジャンボリーの参加を通じて各班とても結束しております。

9
派遣隊でお世話になった派遣隊の副長さんと一緒に記念撮影。

次回の第17回日本ジャンボリーは、第14回日本ジャンボリーが開催された、石川県珠洲市・りふれっしゅ村鉢ケ崎で、2018年(平成30年08月)に開催が予定されております。

そして、次回の第24回世界スカウトジャンボリーは、「Unlock a New world」のテーマのもと、2019年に北アメリカのアメリカバージニア州リッチモンド近郊で開催され、
更に24WSJはアメリカ、カナダ、メキシコが合同での開催となります。

次のジャンボリーへも当団から参加者が出る事を期待しております。